デッサン初級 何を見て何を見ていないのか?

デッサンの練習で最初によく描くのは。。。。
箱ーーーーー!
箱に始まり、多面体、円柱、人物といくとですね、ポーズも楽に描けるというわけです。
形の基本中の基本

四面体

さあ、どうぞ!

d0128883_12412832.jpg
d0128883_12503108.jpg
d0128883_12500662.jpg
d0128883_12502209.jpg


さて、デッサン初心者によくある特徴が見えます。さて、何でしょうか?



わかったあなたはとても観察力があります。





答えは



「ホニャララがホニャてる」



わかったらコメントお願いします(^人^)





なぜ、そうなってしまうかというと、

固定概念

固定概念

!固定概念!


固定概念ってすごい観察力を阻害しているだな。だな。

でも、この特徴はちょっとのアドバイスですぐに変わっていきます。


変わらない場合は描写のタイプが違うので、その人に合わせた課題に変更していきます。


見ているようで見ていないのがよく現れるデッサン。

デッサンを描くことで、多面的に物事が見えると思考も変わっていきます。

すぐにやりたいことがある生徒さん以外は最初数回デッサンをして、そのかたの特徴を見ます。

描いている本人も自分の描写パターンが見えてきます。


どこを見て、どこが見れていないのか?
描き方の手順、色合いの特徴など見て、
スムーズに制作できるように一緒に頑張りましょう〜〜







次は、円柱系も描いちゃうぞ。
d0128883_12424548.jpg
d0128883_13080207.jpg
瓶のような色々な要素(素材感、色、形)が含まれているの場合、
きっちり正確に描く必要(正確な形を取らなくてはいけない仕事、試験)以外は測って描くやり方を最初に教えません。

なぜかというと、その人の独特の形の歪さが味にあるからです。


その歪さを最初に矯正してしまってはまじで勿体無い!!!



d0128883_13075235.jpg
この生徒さんはとても味のある可愛い形が描けます。
でも正確に描くのが苦手で、絵を描くことから遠ざかっていたそうです。

でもやっぱりまた描きたい!とLION ART SCHOOLを見つけてくれました。

私もこの作品に出会えて嬉しいです。


d0128883_13081503.jpg
中学1年 独特なタッチと瓶の色の違いがとても良いですね。
d0128883_13080844.jpg
デッサンは鉛筆だけで描かなくてもいいじゃな〜い?

ですよね。

カラーの物を白黒で変換するのが難しい場合は
色鉛筆や絵の具で描いてもいいわけなのだ。

デッサンは絵を始めるにはとても身近で始めやすい課題です。
初回体験はデッサン♬お気軽に
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

初回体験募集中!!!


名古屋 覚王山 6 歳から大人の絵画教室、こども造形教室。 基礎から表現まで、あなたのクリエイティブを丁寧に引き出します。

回数制なので、自分の生活スタイルと無理なく進められます。


ご予約、お問い合わせはこちら


#絵画教室 #名古屋 #千種区 #覚王山 #回数制 #習い事 #デッサン #鉛筆画 #色鉛筆画 #油絵 #水彩 #イラスト #アクリル画 #自己表現 #作家になる #美大受検













[PR]
by maigorock | 2018-09-22 13:48 | ☆大人絵画教室 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://maigorock.exblog.jp/tb/27121090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< HPの更新問題を解決しようとネ... 楽々美大受験 >>