人気ブログランキング | 話題のタグを見る

音で描くワークショップ ソウゾウリョク育成講座

6/24に講師を勤めた小学生のアートワークショップの模様を動画にして頂きました。

名古屋青年会議所 ソウゾウリョク育成講座 第2回

総勢50名強!にスタッフ3名とJCの皆さんのご協力での3時間ワークショプ。
大人数の時は進行が大変ですから、タイムテーブルを作ります。
シナリオみたいなもので、劇を作るような気持ちになります。
そこから何度かの打ち合わせでスタッフ全員が理解していきます。
裏方(スタッフ)がその場で教えて演者(小学生)がいきなり本番!大変ですw
しかしながら、どうしたら絵を描くのが楽しくなるのか、今までの授業や経験から考え、クライアントとのコンセプトを整理していく過程も楽しいし、発見も多々あります。

今回の内容は音に合わせて描く体験です。

物がないと描けない、写真のように描けないといけないのではなく、音から発想してもいいんじゃないか?
音で描くワークショップ ソウゾウリョク育成講座_d0128883_18181824.jpg


私自身ライブペイントでは、音に合わせたり、音から浮かんだイメージを絵にしていきます。
根っから音楽好きってこともありますが、音と色があった瞬間はうまくギター引けた!(全く弾けないけどw)感覚かな。

音はすぐさま過ぎ去っていきますからすぐに変化する画材といえば絵の具。なので、今回は絵の具を使っていきます。


色ぬりが苦手という人は子供だけに限らず、大人からも多く聞きます。
それは才能ではなく、色を塗るこつ、色が濁らないコツを知らないからかもしれません。
汚れるからと塗る機会がないのも原因の一つです。しかし、コツが掴めたら絵の具も楽しいものです。一気に色が変わりますし、絵の具のぬるっとした感触も楽しい。自分より大きな画面が自分の力で変化していくことは普段の勉強とは全然違う感覚になるのではないでしょうか。

音で描くワークショップ ソウゾウリョク育成講座_d0128883_18185546.jpg

よく見るとキャラクターがいます。

配色によっては描いたのによくわからない場合があります。これも体験を通して感じれたらいいですね。










音で描くワークショップ ソウゾウリョク育成講座_d0128883_18195226.jpg

高学年が多かったグループ。絵の具を垂れ流すことにはまっています。出来上がりに関係なく。
ストレス溜まってるかなw
絵の具に触れる機会も少ないのでしょう。水粘土遊びさせたらいい作品が生まれそうですねー
やりっぱなし感が絵から出ていたので、汚いままで終わらせないでと言ったら暗い色に映える明るい色を潔く垂らし終了。良いポーリング。
ここでやっと絵をみてどうしようかみんなで考えてくれましたよ。素晴らしいですね。








音で描くワークショップ ソウゾウリョク育成講座_d0128883_18175791.jpg

こちらはたまたま私の教室の生徒が集まったテーブル。
下の色を少しずつ残しながら重ねているのは経験からでしょうか。って親バカみたいっすねw












音で描くワークショップ ソウゾウリョク育成講座_d0128883_18384615.jpg
終了風景〜おつかれさまでしたっ

絵の描き方は1つではないし、正解もないけど、気持ちは絵から伝わります。

言葉にならない世界の表現もできたら自分自身の強み、違う側面が1つ増えるのではないでしょうか。
色々な面がある方が人間、魅力的じゃあないっすか〜

座学で紙と鉛筆の勉強ばかりじゃなく、体を動かし、色と音楽でも色々なことが学べ自ら発見できます。
水の量とか配合、配色、構図を直感で感じ手に伝えると頭フル回転です!

そういう機会をもっとあればいいのになと都会に住んでいると痛感します。
田舎では色々な緑に囲まれ、虫を発見したり、川に入ったりと体験量が格段に多いですからね。
なので、名古屋青年会議所のみなさんに名古屋でこのような機会をいただき感謝です!!

この講義もラスト4回目は同じくモリコロパークで8/5にあります。
次回ご報告〜



by maigorock | 2017-07-27 19:03
<< 珍しく混み混み水曜大人教室 オイルパステル >>