<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

LION ART的美術史考。 世界最古の絵って何?

高校、大学と美術史を習っていますが、大人になってからも美術史をかじってみたりしてます。
歴史もわかるとアートわかりやすくなるかな?
美術史は奥深いので、私が知ってる範囲の情報、情熱、情緒おりまぜ、ご提供。

世界最古の発見されている洞窟壁画は、
フランスにあるショーヴェ洞窟壁画で、約3万2000年以前に描かれました。
もっと以前から描いていたかもしれませんが、気候に左右されない洞窟の中の絵しか残ってないので、これが私たちが見る事のできる最古の絵かもしれません。
この壁画は「忘れ去られた夢の記憶」というDVDで見る事ができます。
私もまだ見ていませんが、見たい!
オダギリジョーがナレーションよっ!おすぎですっ!

さてさて、昔だから稚拙だとはかぎりません。
旧石器時代後期にあたる3万2千年前は、石器の技術も高度になり、
動物の骨で釣り針なんかも巧みに作っております。

洞窟に描かれたのは、雨風を防ぐため、そこを住居にしていたからでしょう。

主な食料の動物と体を張りながらの狩猟。
そりゃあよくよく見ていたことでしょう。
体の構造も熟知。動物の本質も見抜いていたでしょう。

檻越しや、写真から見て描く現代より、より、リアリティーがあるのではないでしょうか?

描いたのはホモサピエンス。
このころにはネアンデルタール人は絶滅しております。
(現代人はホモサピエンスとネアンデルタール人の混血だという説もあります。)
ネアンデルタール人はとても知的で体も大きく、
6万年まえには死者を埋葬し花を手向けていたそうな。
ネアンデルタール人だったらどんな絵を描いていたのでしょう。

原始芸術は宗教,呪術的な意味合いがあると言われていますが、
私は毎日見てる動物達を親しみを込めてただ描きたかったのではないかと考えます。

見たこと感じたことを記録したい、表現したい気持ちは
手が自由になったころから始まったのですね。
[PR]
by maigorock | 2013-01-22 00:46 | artについて | Trackback | Comments(0)

2月絵画教室LION ART SCHOOLスケジュール

寒い日が続きます。今年はどう過ごしましょう?
お家にいることが多いかと思いますが、そんなときは自分と向き合って絵でも描いてみましょう。
2月は人物デッサンを中心にやっていきます。
ついつい顔ばかり描いてしまいますが、全身を描いてみましょう。

2月のスケジュールです。
2/6.20(水)
10:00~12:00
13:00~15:00
16:30~18:00(こども造形教室)

2/2(土)
13:30~15:30 着衣モデル男性(上半身は脱ぎ)あり(モデル代+¥1000)
16:45~18:45 モデルを描いた人はそれを元に好きな画材で描いていきます。

2/16(土)
13:30~15:30 着衣モデル女性(モデル代+¥1000)
16:45~18:45 モデルを描いた人はそれを元に好きな画材で描いていきます。


モデルが決まり次第またアップします。違うことでもかまいません。
予約の際にはモデル希望/希望しないを教えてください。
ご予約は二日前までに。
初回体験は随時募集しています。
maigorock@hotmail.co.jp
[PR]
by maigorock | 2013-01-20 15:16 | ☆絵画教室スケジュール | Trackback | Comments(0)

初回体験3 ぞうさんも自由になってきました

初回体験 ぞうさんを描く
LION ART SCHOOLでは体験でぞうさんの木彫りを描きます。
見て描く以外はアレンジ自由なので、最近はいろいろなぞうさんが登場してきました。

光の感じ方がとても美しい。立体的な見方もできています。
影がとても長く印象的だったので、画面右にゾウさんを置いて影をカラフルに。
発想力もすばらしいです。
d0128883_14202280.jpg

鉛筆で重厚に描かれています。目線が感じられます。お腹の丸みがよく描かれていて左右の形の違いもよく見ています。
d0128883_14252129.jpg

情緒的で物語が始まりそうな絵ですね。夕暮れになって親子でねぐらに帰る途中でしょうか?
d0128883_14165642.jpg

とっても生き生きとした筆跡です。形の表現もおもしろい。小学校の先生なので、毎日子供達からパワーをもらっているそうです。
d0128883_1457204.jpg


明るくても暗くても、濃厚でも爽やかでも、今の自分が絵に現れてでます。
どんどんその自分を受け入れていきましょう。
そこから上達がはじまります。
自分の才能はとても奥深く潜んでいます。重要文化財並みに丁寧に一緒に掘り出していきましょう。

こんな感じのLION ART SCHOOLです。

体験だけでもどーぞ。
お待ちしておりまっす!
maigorock@hotmail.co.jp
[PR]
by maigorock | 2013-01-20 14:56 | ☆初回体験コース | Trackback | Comments(0)

いろんな色をいろいろ塗ってみるには

色を塗るのが怖くてできない
何色をどうやってぬればいいのかわからない

とよく言われます。
ではどうやって塗るのか?

1,紙など用意します。画用紙、水彩紙など厚手のほうがいいですが、なければ段ボール、裏紙などなんでもよいです。
2,パレットに持っている絵の具を全部出してみる
3,筆につける。
4,絵の具が無くなるまで塗りまくる。

以上。簡単でしょ?

で、何を描けばいいのか?て話ですが、何も描かなくて大丈夫です。
ただ色を置いてみましょう。
少しは抵抗なくなりましたか?
気に入った色の組み合わせはありましたか?
単色より複数の色が重なり合う事で生まれた色はありますか?
新しい色は作れましたか?
これを繰り返すと、絵の具が無くなったころにはあなたの色の使い方ができ上がっているかも。



ちぎり絵の授業です

和紙に水彩。生徒作品
d0128883_13463745.jpg

d0128883_13475718.jpg

最終的にちぎってしまうので、完成させるプレッシャーはなくなります。
お手軽に色が塗れます。

アクリル画の授業です。
壁紙に下地のジェッソを塗り、乾いたら色を適当に塗ります。
そこに目の前のモティーフを描いてみましょう。生徒作品。
d0128883_1353521.jpg

d0128883_1412167.jpg

d0128883_1444785.jpg


偶然の色あいが新たな創作意欲をもたらしてくれます。

洋服をコーディネートするように
見た景色の一部分を再現するように
気軽に色を塗ってみましょう。
色は私たちの気分を高揚させてくれる良いアイテムです。

絵の具を出すのもおっくうだな。やっぱ一人じゃできないっって人は
LION ART SCHOOL
創造を始めるには安心して表現できる場所と同士が必要です。
ゆったりと、みんなとおしゃべりでもしながら、良い音楽の中で、描いていきましょう。




 
[PR]
by maigorock | 2013-01-11 14:06 | ☆大人絵画教室 | Trackback | Comments(0)

ウエルカムボードあれこれ

昨年はウエルカムボードを3枚描かせて頂きました。
本人に会って描く場合と写真などから描く場合がありますが、その方の人柄とか好きなもの、結婚までのいきさつ等、聞くとよりお二人に近づきながら描けると思います。

夏の季節だったのでひまわりを。笑顔が素敵なお二人でした。
d0128883_23581816.jpg

料亭の若旦那の結婚ということでThe浮世絵とのご依頼。奥様は昔風だと受け口になっちゃうのでw、今テイストもまぜながらです。
d0128883_065192.jpg

ご家族も一緒に。水彩&絵本テイスト
d0128883_073859.jpg


写真では伝わらないお二人の幸せ感がでるといいなと思いながら描いてました。
[PR]
by maigorock | 2013-01-08 00:19 | 作品情報 | Trackback | Comments(0)

あけました。おめでとうございます

昨年はいろいろなイベントでライブペイントさせてもらいました。
イヌザル@犬山モンキーパーク
d0128883_18394117.jpg

まるちゃんの写真にペイント。DJはBAMBI@peacenik
d0128883_18385923.jpg

ねばねば祭@山なんやなどなど。。。
d0128883_18382644.jpg

毎回その場で感じた事を描く作業。今年はもっとすらすらと頭の中の世界観を出していきたいです。

7月は生徒さんとの作品展。みんなで締め切りまで慌てながらも楽しんで出来ました。今年から毎年7月にやります。今年はサポートに回ってみんなの作品をより良くしていきたいものです。
d0128883_18415636.jpg


8月からは安城市での壁画。昨年は一昨年に引き続き安城市で、全長70mの市営駐車場と商店街7カ所を6名のペインターで描かせて頂きました。
d0128883_16304065.jpg

d0128883_1852545.jpg

d0128883_18534420.jpg

毎日、巨大な壁と格闘。塗っても塗ってもおわらない巨大壁画は、
とてもやりがいのある充実した日々でした。
安城市民のみなさんのあたたかいお言葉、
通勤前の人たちの楽しそうな笑顔がなによりも嬉しかったです。

11月はオーストラリアに皆既日食を見に。無計画でチケットだけ取っておいたのですが、なんとか行く事ができ、完璧な日食も見れ、砂漠地帯のキャンプ生活も楽しい日々でした。

その後すぐにはJR岐阜駅でのクリスマスデコレーションをJUST ART PROJECTですることができ、ワークショップの参加も249名、クリスマスカード、5000枚に願い事を書いて頂き、岐阜の人たちとアートで繋がることができました。
d0128883_19133759.jpg
d0128883_19193853.jpg
d0128883_19153626.jpg


こう書いてみるととても充実した1年でした。
流れにまかせ、1つ1つ真剣に取り組むことを心がけた結果でしょうか。
なによりも、価値観の会う友達との話は自分の方向性を見失わず、勇気が持てました。

私達の年代は過去と未来の価値観の狭間にいます。
親からの生き方は本当に自分にとって充実した生き方なのか?

しっかり収入のある旦那と結婚し、家を買い、子供を育て、老後に備え、裕福になれと言われてきました。同級生などはほとんどそんな生活をしています。姉や兄もそうです。

その価値観で20代は絵をまったく描かず、仕事にあけくれ、
収入がある人と結婚しましたが何かぽっかり穴が開いて不平不満ばかり言ってました。
自分の本当にやりたい事ができないと人生はむなしくすぎていきます。


江戸時代の江戸の人々の多くは月の半分しか働いていませんでした。
その日暮らしでお金が無くなると「お手伝いはいりませんか〜」とぶらぶら歩くそうです。
そして日銭を貰い、暮らす。

芸術家の多くもその日暮らし。死ぬまで絵を描き、よい作品ができたときに、天に召されています。
長く生きたからといって、充実した人生でなければ何の意味もない。

そして一人になる選択をしましたが、今までの価値観を捨てるのは容易ではありませんでした。
その日暮らしの私にはそんなことでいいのかとよく親や同級生に言われました。
それから3年。

もうー就職しちゃおーかなっ、なんて何度も思ったけれども続けてこられたのは、
新しい生き方、不要なものを持たない、流れに身を置き直感を信じて生きている友人や、
アートを辞めず、必死で表現している美術科の高校,大学の仲間、
いつも応援してくれるパートナー、
私のいうことにいつも感心してくれるlion art schoolの生徒さん達でした。

そして昨年は絵を描いて描きまくれた最高の年になりました。

頭の中で想い描いている絵が描けるにはまだまだ先は長そうです。
今年も絵が描ける環境とチャンスを与えてもらえるよう日々精進していきたいっでっすっ!
宜しくですっ!
[PR]
by maigorock | 2013-01-04 20:11 | 日々 | Trackback | Comments(0)