カテゴリ:三つ子アート( 2 )

コワイ絵vs パパ起きた絵

すっぽんの甲羅がパソコンの上に置いておいたら三つ子の次男が
「こわい こわい」と言った

そして紙とボールペンを見つけると
「こわい」といいながらグリグリ描いた
d0128883_22264437.jpg


おお!こわそう

そのあとyoutubeでクラッシックの演奏流してたらリズムに合わせて
チコチコと

d0128883_2229720.jpg


この子は何かを描くというよりか感覚を描いているのか?
踊ることや音を出したりするのが好きだからかなぁ
今日もジワジワした絵描いてて「これ何?」って聞いたら困った表情だった

おてんばで危険なこと好きな長女は
ぐるぐるーっと大きく手を回しながらテンテンと描き、


とうとう




「パパ!」を描いた!


おおおおお〜!!!!!!とうとう人を。。。。。     叔母バカです。。。。

d0128883_22391512.jpg

おとっつぁんはヒゲが生えています

そして「起きた〜!」と言いながら目から線をびゆーっと二本
d0128883_22414619.jpg


起きて目の位置が動いたことを表現したのか?

んん〜おもれぇ、子ども。


幼児はこのころ描いた対象の中に入り込んだ感覚で描いているそう。
あと興味があるとこだけを描く。
まだ体までは見ていない。
顔から手が出ている絵はそういう意味。


そんな2人の長男は車をどう動かすかが興味。

個々の表現にいかに気づくか。よく見なくては。
[PR]
by maigorock | 2010-04-30 23:16 | 三つ子アート | Trackback | Comments(0)

三つ子アート 始まり 2歳前

甥っ子姪っ子の三つ子は今2歳半
2歳になる前から絵を描かせてみようと試みる。

脳の発達と手の動きは連動していて最初は横に動かすことぐらししかできない。

このころの子供には持ちやすいクレヨンを使う。
なるべく大きな紙
汚すのが子供の仕事なので、それに対して邪魔しない。

2歳前だと口に物を入れたり舐めたりするので安全性が高く水で落ちるクレヨンを使う。
ちょっと発色悪いのが難点。

まだ5分ほどで飽きてしまう。絵を描くよりクレヨンの取り合いが凄まじい。。。

1歳9ヶ月のころ お絵かき3,4回目
d0128883_2024427.jpg
d0128883_20253035.jpg


丸の形を描いて見せると丸を描くようになった。
まだ何を描いているかは聞いても本人もわからない様子
15分ぐらいは集中できるようになる。

ボールペンが好き。

3人の中でも一番描くことが好きな次男のトモ。
長男のユキは箱にらくがき帳をしまったり、クレヨンを並べるのが好き。
末っ子のアサは描いてみたり、しゃべってみたりボールペンの構造に興味があったりと
3人それぞれ。

無理に描かせないよう、興味がうつればそれに対して接する。

とにかく1つづつ褒めまくる。

ときどき続く

ぽちりとよろしく
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 美術教室・学習へ
にほんブログ村
[PR]
by maigorock | 2010-04-02 20:35 | 三つ子アート | Trackback | Comments(2)